2019年7月15日月曜日

それから、糸さんとね


 幼い頃から
くいしん坊の糸さん
一緒に食べ歩くのは楽しい
ですが
お付き合いはホドホドにしないとね
朝は
ベーカリーの食べ放題モーニング
しっかり満喫したご様子
可愛いサブレなど
お土産も仕入れていました


ホテルの部屋で
女子旅らしくフットマッサージ
快適な旅時間
ワイワイと楽しんでいましたが
あれっ
平日開店前にも列!の情報
急いで向かうは



前回は臨時休業だったとかで
リベンジなのだそうです
といっても(@_@)?
まさか替え玉をするとは!
でも
相席の女性もフツーな感じに
ゴハンと替え玉だったし
福岡では
そんなに驚く事ではないの?


美味しい物をたくさん頂いた中
このラーメンがベストだったかも
今まで理解できなかった
極細麺のアルデンテ加減
その良さを納得しました
旅して出向かねば分からない
本当の味があるのですね

お洒落な天神地下街歩きをして


餃子はやっぱり
鉄なべ体験すべきかな?と
少し拘りまして・・・
昼から営業しているパルコ店

お腹はいっぱいなんだけど
糸さんはヘイチャラ
ご機嫌です



それでもお味見レベル
謙虚なオーダー
冷凍のお土産を買いました
ドライアイス大量梱包サービス
しかし
かなりの結露にビックリ!
クーラーバッグを求め
ウロウロと東急ハンズへ


さて糸さん

次なる興味は
なんと
角打ち(カクウチ)
(@_@)
大人になったものです
お付き合いしましたのは
住吉酒販


驚きの空間
花札にもドキドキ









糸さんは気合を入れて
棚から厳選しておりましたが


対照的に緩いアプローチ
イロハ二升という
大人な楽しみ方もありです








とは言いつつも
ホドホドに二人で花札10枚でした



お仕事しながら
さり気なく気を遣ってくれて
カクウチとはかくなるモノかと

あんまり長居しないのが
お洒落かも


こちらは佐賀海苔とチーズ



おつまみもご当地ならでは
九州を楽しめるスポット

糸さんの旅プランも
ユニークで楽しかったです


ココがお気に入りになったとか

突然の福岡行の為に
youkaは休暇を取って
春さんのデーサービス対応
その後は
パパさんのワンオペ介護&家事
お二人に感謝です
ありがとうございました

六月半ばの旅日記
これにて「完」

2019年7月11日木曜日

そして、糸さんと


知らなかった柳川という街
ス テ キ
水路が廻る街は人の営みと
その心まで繋がっているようで
平和な気が漂っています
そんな風景の中



どんこ舟観光は整備され
安心の観光スポットなのでした
雨が降り出すと絶用のタイミング
雨具の配布あり
ピッチピッチチャップチャップ
白秋の唄あり




かなり長く1時間程を楽しみ
柳川と言えば鰻ということらしく
しかも
蒸籠蒸し or 鰻おにぎり(-.-)らしく

皿屋 福柳




ご飯にタレが回っていて
味が濃いのが・・・勿体ない感じ
やっぱ鰻重の方がいいな~
糸さんはけっこうお気に入りでした



記念館になっている
白秋の生家見学
小田原に住んでいるからこそ
近く感じる人
映画「この道」観たいなと思いました

西鉄柳川から西鉄福岡(天神)へ50分



女性専用ホテルはコンパクトながら
至れり尽くせりの細やかな気配り
昨夜とは違う感動を覚えます
糸さんはモード切替
先ずはパフェだそうです
Le BRETON
パリっぽいシックなお店
ガレットもお菓子も全部美味しそうね


お次はかわ屋警固店
鶏の首皮を丁寧な下ごしらえで
こんな感じにカリカリ仕上げ
本来はお一人30本とか
そんな単位でオーダーするらしい
とりあえず10本と生



蓮の花など見ながら
そぞろ
博多の街歩き

こちらは牛蒡天うどん

糸さんチョイス
うまいもん旅です



杵むらの胡麻みそうどん
不思議と長く待ちました

感じのいいお店だったし
美味しかったからご機嫌さん


この日の〆
一口餃子は「ぎょうざ亭」へ

お腹はいっぱいでも
しっかり博多を食べなくっちゃ!





シュンノスケが心配してLINE
「こうならないように」
と・・・ね

2019年7月4日木曜日

6月のある日、糸さんと 


思いがけなくも大宰府行

心字が池の三つの橋
過去を振り返らず
今を立ち止まらず
未来を躓かず渡りました



あれれ
逆に戻ってはいけなかったの?
前回も今回も
Back to the Past
やってます(/_;)





キマイラを彷彿とさせる
この子は狛犬さん?
あまりに可愛い!
お昼はやす武で天ざるを頂き




梅が枝餅は
茶房かさの家さん
いい感じの古民家造り




すっかり寛いでまったり
急がなくてもいい
この時空に好きなだけいられます
旅の醍醐味





大宰府からタクシーにて
youkaが勧めてくれたお宿
大丸別荘



涼やかな風の夕刻

素晴らしい日本庭園

飛び石を渡るのが
ちょっと怖いような大きな池



贅沢なお夕食を頂きます

糸さんは福岡に拘って
大賀酒造 玉出泉の大吟醸セレクト

全て有田だという器も素晴らしく
老舗旅館を満喫致しました



お食事の部屋の衝立に楽譜
高木東六さんのお洒落な手書き
実は糸さん
お仕事は楽譜関係なのです
偶然って楽しいね

いつも珈琲を頂けるサロンも嬉しい


源泉かけ流し…と聞いても
温泉にあまり興味のない二人
でも
クラシックな大浴場は心地好く
朝食前にゆっくり楽しみましたよ
そして
柳川に向かった6/18の朝

2019年6月15日土曜日

薔薇の思いが分かったならば


グラハムトーマスの返り咲き(?)
勢いのあるシュートの先に
大きな花束の様に咲き
・・・というか
咲かせてしまった
・・・のかも?
デルフィニウムとトルコ桔梗に添え
明るい黄色と香りを楽しみます

ウーメロにも!

少しづつ分かってきた薔薇の素性
四季咲きはこの庭にはなく
殆どが気まぐれな返り咲きタイプ
なのに
花後に肥料をやってしまい
ベーサルシュートがバンバン出て
つい喜んでしまい
ピンチせずに咲かせてしまった
・・・のかも?



紫陽花の花の色は
どの花見てもきれいだね~♪
お散歩の楽しみです

春さんはカルガモの親子を
すっかり気に入って
橋からよ~く観察します



小さいのに器用に泳ぎます
お母さんの近くに5羽
危ないから離れちゃだめだよ
みんな心配して見守ります

橋に立ち止まっていると
いろんな方とそんなオシャベリ
春さんも嬉しそうです


雨降りの今朝も5時前に起床
強い視線をジィ~ッ小さな声だけピィ~ッ
いよいよ最後は前脚でトントン

ネ オキヨーヨッ
マーティの思いのまま
寝不足な季節の始まりです

2019年6月10日月曜日

今日も雨降り☂


雨が降っていた金曜日
濡れるから出掛けたくない
傷口は瘡蓋になって
全く腫れていない
どうでもいいんじゃない?
と思いつつも
完治を告げられるつもりで
動物病院に行きました
あらら


念の為・・・と
瘡蓋を剥がされて
再度の治療だったのでした

ヤダッ~!
で、お薬も一週間分でました



薔薇が終わって








白い花




青い花



赤い花










赤い実





青い実







でも庭のパトロール
濡れるのは気にしないタイプ
(-.-)?
お散歩にも行くつもり
なんだろうな