2017年9月25日月曜日

それぞれの季節


生憎の曇り空
イエ
恰好の芝刈り日和






オバアチャマの家では
門の脇の白萩が満開
お庭の紅萩も見事でした
風が吹くと全ての花が揺れます



縁側に添って並んだ鉢
既に花の影は無く
枯れ枝は乾いていました
鉢を整理して土を均し
「秋の花を植えましょうか?」
喜んでくれると思ったけれど
「庭に降りないようにしているから
お水を遣れないよ」と

午後も富士山は見えていました

その言葉を受けとめ
切なくなります
それで安心はできるれど
小さな喜びをひとつ諦めること

何かを出来なくなる淋しさ
受け入れていく強さ

Mamの家の玄関には彼岸花


ん?
なんか違う次元のケースを
思い出してしまった
コチラのマーティ
そう・・半年くらい前から
耳が遠いようなのです



誰が帰宅しても知らん顔
着替えを済ませて
手を洗っている頃に
漸く顔を上げて「?」と
そんな感じ

糸さんは「やる気の問題じゃね?」と

足音に気付かないのか
背中を向けて反対方向を探したり
ここだよって触られてビックリしたり
それでも
困った様子もなく
楽し気に暮しております




鼻は利くので
リゾットを作る糸さんの足元
なにかと絡んでますね

イトサンナニツクッテンノ?
ベーコンッテイイニオイダネ!



音のない世界にいるのか
轟音に遮られて聞こえないのか
マーティに聞いても
分かりません
パパさんは「医者に行けば?」
聴力検査して貰うのかな?
ん~(-.-)?


マーティは困った様子もなく
不安そうでもありません

コンナモンダッタカナ?
なんて
思っているだけかしら?


玄関にお迎えに出ないのは
みんな我慢しようね!

秋の中に夏がまだ残っていて
金木犀の香りがするというのに
百日紅がいい色で咲いています

2017年9月14日木曜日

秋色ランチ

さり気ない花ゆえにオシャレ

苦あれば楽あり!よね‼
なんて言い訳をしつつ

以前の英会話教室のランチに参加

北海道の唐黍のムース


ずっと気になっていたお店
若いシェフの心意気
しっかり感じました




3000円では申し訳ないです

料理っていいな~と
久しぶりに思ったのでした

フランスのビール⇒
夏に戻った様な暑い日でしたから

大きくてビックリ!

こちら天然のキノコなのだそうです
名前は・・・忘れた(-.-)?
フリッターで頂きましたら
ソレゾレの個性の違いが際立ち
舌ベラがときめきます



生秋刀魚のミルフィーユ仕立て
爽やかな野菜のジュレを絡め
(骨や皮から作った)
濃厚な旨味と苦味のソースを
合わせて味わいます


茄子のポタージュに
小田原のヤリイカがいい感じ
面白いな~
チャレンジしたくなる



拘りの産地(だったけど忘れた)
豚の赤ワイン煮
とろける食感にウットリ
ただ、お腹がもうキュークツ


カスタードを詰めた焼き梨
ブルーチーズの自家製アイスクリーム
le chat botte でも和梨を焼いたけど
私は評価しないな



珈琲と頂いたのは
ハワイ風のフィナンシェ、葡萄
生チョコ、カボスのマシュマロ
黄な粉のキャラメル
美味しく楽しんだ食材はどれも
やはり 秋なのでした




マーティもスッキリでしょ
トレビワンさんに行ってきました

いつもは糸さんのイラストで
スタイルをお願いするのですが
今日はお任せでした
お耳が少し大きめですね

2017年9月13日水曜日

秋の庭仕事


いつまでも夏の気分でいて
そうとは思わずにいましたが
実は・・・もう秋なのね
ツクツクボウシ、曼殊沙華
もう直ぐお彼岸!
何を考えていたのやら


風は涼しいけど陽射しは強くて(/_;)


真夏の剪定は避けたい月桂樹
調べてみたら
若くない木の好機は9月とか
大変!アララ
ボサボサを眺めてはいられません
高枝切狭を手に大奮闘しました


ついでに
シマトネリコもサッパリ
涼やかになりました
しかし
ライラックの葉は茶色
枯れてしまったのかもしれません
暫く様子見をしたいところですが
小枝を切り落としてお掃除
白薔薇も剪定もしました


まだこんなに小さくて緑色のドングリ

月桂樹もシマトネリコも
ミモザも薔薇も
公園の木々も凄いボリューム
茂りすぎた枝や葉
取り除くべきなんだけど
頑張って育っているのに
チョット申し訳ないような
ゴメンネみたいな思いです


月桂樹の枝を切り落として
下敷きにしてしまった
ユーパトリューム
倒れた花を挿したのはポット
長く一緒にいたので
使えないのに捨てられない
こーゆーのも片付けなくてはね


ボール ゴハン サンポ オヒルネ ボール

日焼けしてして(-.-)ゲンナリ
暑い間にサボっていたからね
After pleasure comes pain

楽あれば・・・(/_;)

There is no rose without a thorn
意味は「苦あれば楽あり」

2017年9月8日金曜日

アクマーティに変身?


11才の糸さんが描いたのは→
マーティ⇒アクマーティ
基本的に
マーティはとても穏やか
それでも
時として悪魔のように残忍なのですよ

サスガニマチクタビレタヨ


この日
オトーフを借りて読書
愛犬はスースーと傍らで眠り
至福の午後の安らぎ
と、マーティ君
やおら起き上がり
こんな風に首の後ろ等を掻き
心を決めた様に
ジ~ッと視線を定めて

ズットイイコダッタデショ

サテ
モーソロソロサンポ
カナ?
モシモシ
モーソロソロサンポジャナイノ
カナ?
モシモシ

ナニシラバックレテンノ?




オキテマスヨネ
サッキマデホンヲヨンデマシタネ

ズーットマッテタンデスヨ
ネテタンジャナインデスヨ

チョットチョット!



アララ
モシカシテネテル?
モシカシテネタフリ?
ヤッパリネテル?
オコシテアゲナクチャ

イシキハアリマスカ?




ダイジョーブデスカ?
ネチャダメデスヨ!
シッカリシテクダサイ!
ア キヅキマシタネ
ヨカッタ!
サテ
オサンポイキマショ―カ!

予報では9/5のみ芝刈り日和という事で

芝刈りはちょっと大変ですが
オバアチャマはいつも待っていてくれて
少しだけど暮らしのお手伝いができます
こんな日々をとても有難く
大事にすごしたいなと思うのです

元気なマーティとの散歩も
本当は心から嬉しいのです・・よ

2017年9月4日月曜日

小さな薔薇が咲いています


薔薇の9月1日剪定ルール
先人のやり方を信じればヨシ!
その単純な自信が好きです
なのに、検索したら
今年は暑いので遅めが適当とか
結局、微調整するのね(-.-)?
魔法が解けちゃうみたいな
つまんない気分になります 

ミニ薔薇は時期を気にせず
早いうちにお掃除したので
既に赤い葉が出ています
実は
ご近所の薔薇達は夏もスッキリ
それを不思議に思っていました


もしかして
9月1日って意味なくて
早くにサッパリしちゃっていい?
そもそも
この庭に四季咲き薔薇はある?
夏に咲き続け
秋にも咲くのですが


四季咲きではなく
返り咲き性なるものかも!
そもそも
秋の薔薇を一斉に咲かせたい
という思いはないのだし・・・
あ~ぁ(/_;)
剪定の基本が未だワカラナイ


ブルースターの種は
こんな風に綿毛になって
広い世界に
飛び立っていきます







ここに着地でいいの・・・かな?

アボカドは元気

ところで
いきなり気温は10月並み
なので
先の微調整の件は不採用
9月1日剪定してみましたが
さて
美しい秋の薔薇は咲くのかしら?
そもそも
この庭に四季咲き薔薇は
ないんじゃないかな~など

2017年8月30日水曜日

Marty's Garden in summer


夏の植物は制御し難く
横着なガーデナーは降参を決め
その力に圧倒されるのに甘んじ
こんなに暑いんですから
庭仕事なんてムリムリ
夏季休業などと嘯いて
ちょっといい風が吹くような
曇り空を待っていました

お馴染みのユーパトリウムの藪
そうしている間にも
勢いを増していく庭の草木
どう見てもマズいんじゃない?
(@_@)
植栽のお世話モードは止め
お掃除主婦モードにシフト
面倒なことは考えず
坦々とお片付けを始めます

月桂樹を貫通したブルーマゼンダ


こうなると
木々の事情などどうでもよく
汚れた葉
混み合った枝
きれいに取ってしまいましょう
お掃除なら簡単です

ブルースターは既に種を飛ばし


プランターや鉢の手入れをして
45ℓ 1袋
ミモザの枝の整理をして
45ℓ 1袋
出窓下の薔薇をザックリ剪定
45ℓ 1袋
伸び放題の白薔薇もザクザク
45ℓ 1袋
植物ってスゴイ!と思います


白薔薇のチュウレンジハバチ
ミモザのカイガラムシ捕獲
害虫被害を阻止できたかな?
でも
手をつけられなかったのは
トネリコ、月桂樹、モッコウバラ
大きな薔薇5種、百日紅、金木犀 etc.


薄雲りではありましたが
長袖、帽子、グローブ
水筒に水を準備
万全の構えで臨みました
でもね
やっぱり日焼けしたみたい
(/_;)
マーティはエアコン部屋待機
冷たいアルミ板の上で待ってます


マーティにとって
エアコンが快適かどうかは
よくわからないのですが
アルミ板は
こんな風に避けて寝たり
頭だけのせていたり
彼なりに使いこなしていますよ

2017年8月25日金曜日

夏はいつも大変なワケです


8/23、縁も切って仕上げました
芝生の庭を大事にしていた
オジイチャマを思うと
本当に申し訳ないのですが
あきらかに
ヤッツケシゴトな雰囲気
ごめんなさい(/_;)実は
刈る回数を減らしたくて
とにかく短く刈っていました
何年かやっている内に
葉をこんなに奪っていいの?
そんな疑問を抱くようになり

7/26、降り出した霧雨の中、強行

しっかり光合成できるように
今年は2,5cm設定にして
ちゃんと葉を残しています
美しい庭でなければ
お世話している意味もないものね
芝刈りは2週間ごとになり
それは辛いのですが
シゴトのイミを思うワケです

8/9、とんでもない上天気にクラクラッ

雨が何日も続いたり
いつにない暑さだったり
過酷な夏ではありますが
芝生は正直に応えてくれて
いつもの年より元気です
シゴトのヨロコビを学ぶワケです

日蓮上人が立正安国論を著した実相寺



お盆は旧暦
新盆のお宅に伺ったり
親戚のお墓参り
お迎え火、送り火
お施餓鬼など
8月は忙しいワケです


小さなお塔婆を早くから準備し
お線香用のライター更新とか
要領もいくらかはよくなりました
傘をさして送り火を焚く時は
罰当たりにも
不条理という言葉を思いました
決まりゴトは悩ましいワケです


有田焼の風鈴
オバアチャマの寝室の外
ご指定位置に下げました
「ベッドで聞こえるようにね」
(-.-)?
窓を閉めたら無理かもしれない
そうは言えずに帰宅
ガッカリさせちゃったかな?
でも・・・何ともできないワケですし


オツカレサマ オサンポイコーヨ

9時間のお留守番でした
冷房の効いた部屋で
多分ずっと寝ていたとは言え
マーティお疲れ様
同じように
お疲れ様って言って欲しいな~
さてさて
Marty's gardenも大変な状況
ナントかしなくては!
そうは思うワケです・・・が