2018年1月18日木曜日

Musee Picasso Paris ,etc.


ピカソ美術館開館は2014秋
17世紀建造の Hotel Sale を改修
その所蔵作品のよりも
実は
豪華な館に興味があります

雨の街を見るのは好きです



そもそもがよく分かんない
分かんないのがピカソ?
みたいな
ゴメンナサイな芸術鑑賞
パリに向かう機内で
教えて貰ったばかりの映画では
ピカソは魅力的じゃなかったな
(それはこの際 全く関係ないです)

青い鳩


ミュージアムで買った1,20€のカード
ダイニングに飾りました
反対側の壁には小さなゲルニカも

ピカソは・・・と言いながらも
何故かお気に入り(?)




マレにいるなら体験しなくちゃ!と
youkaはお友達に聞いた
ファラフェルサンドに挑戦






しかも敢えて長い列につきます
やはり(-.-)そうね
事前清算して更に待ちます





安くてボリューム満点が売り
お腹一杯なのに大丈夫かい?






お豆のお団子だけお味見したら
コレが美味しかったりして
ジャンクフードも侮れない
美食だけに幸せがあるのではないのね



ルートを選んで歩けば
お目当てのお店に寄るのも簡単
ゴーフルの MEERT





1×6 Gaufles Vanil  17.50€
お味見も大事と
1× Gaufre EpheMeert  2.90€

 

絵画の中のような街
濡れた石畳も美しい

Pont Marie を渡り Ile St-Louis へ





サン・ルイ島のBerthillon Glacier
アイスクリーム屋さんに寄りたい?
今日はいいかな?とサン・ルイ橋
ノートルダム寺院のあるシテ島へ


キマイラに会いたくて
今日こそは塔に登るつもり
17:30前に辿り着いたのに
"Full"と告げられました
(/_;)
もう一度来ようか
3度目には願いが叶う筈だから

2018年1月17日水曜日

郊外も街も好き


蛇行するセーヌ川を何度か横切り
大きな工場などを眺めて
終点のポワシ―
小雨の中
サヴォア邸へのバスは
駅前に停まっていました



エンジンはかかっていても
ドライバーの影はなく
発車時刻もよく分からない
歩いちゃおうか
しかし 振り返ると
(@_@)
あぁ バスが発車していく~!



そんな顛末で
街を見ながら坂道をテクテク
チョット疲れたね・・・という頃
Villa Savoye




どの解説も異口同音
見なくては分からない建物だと





そういうことなので
説明は不要(?)




コンセプトは
外にいるような心地好さ





もっとも
広い敷地あってこそ可能な
羨ましい暮らし方なのです





庭も自然な設え
パリの暮らしを離れ
郊外に整える贅沢なんですね


帰りのバスはタダで乗せて貰いました

帰ろうとする頃
明るく陽が射してきました
その中で見たボックス
とてもチャーミングでした






2時間後
オシャレなマレ地区
シードルを飲んでます




ピカソ美術館見学前
美味しいガレットのお店があるよ
ところが
Breizh Cafeにはlong lineが!



携帯傘の観光客
雨に無頓着なパリ市民の列
すると
「膝の入らないテーブルでもいい?」

プロヴァンサルをチョイス



「いいよ」
案内されたのは隣の食料品店
ここには素敵な食材がぎっしり
ワォ~




Breizh Cafeの系列店なんですね
カフェとは違う雰囲気だけど
別の意味で楽しい!
ガレットはCafeから運ばれます
この拘らない感も好き


SNS普及もあって急増急変している観光客
うまく対応している様でいて
どこか長閑な感じのするパリのお店事情でした

2018年1月16日火曜日

パリで一番のバケットを食す


Dim. 12 Nov. 2017

youkaの目指すサヴォア邸

Rue de Bac からメトロでRennes 
朝食をとり 路線を変えて
St. Placide から Chatelet Lea Halles
RERに乗り継ぎ
終点のPoissy へ向かう計画


旅のコンシェルジェyouka
カスクートを食べるなら
バケットコンクール2016 1st.
LA PARISEIENNE Madame

なんて素敵なプラン!



無類のパン好きにとって
焼きたてのバケットをザクッと切り
ハムとチーズをはさんだだけ
味わいたいのはそれ!
しかし
旅人が願ったとて
そうは簡単に叶うものではありません
だからこそのとびきりの幸せ


 旅の食事数は限られるから
拘りの為に労を厭わないワケです
その熱意に敬服
!(^^)!
心から感謝なのでした



右も左も気にせず ついて歩くだけなのですが
親切なyoukaからはこうしたガイドを頂きます
一応は ふ~ん と納得するものの
お任せでついて歩くつもりでおります


それでいて
お気楽なもの


ここにいるなら
サン・シュルピス教会に行きたいかも
など 言ってみたりもします(^^)/


計画は常に揺れ動きますが
それもまた楽しなのですね
はいはい(-.-) ..sigh





ネオクラシックの大きな教会
厳粛な雰囲気



Eglise St. Sulpiceの名を知ったのは
ダ・ヴィンチ・コード
(-.-)?
真鍮の子午線とオベリスクはありますが
ローズラインはオハナシです





日常の空間に歴史があって
旧跡でも観光でもなく
機能しているのですね
ドラクロアのヤコブと天使の戦い



小雨の中
リュクサンブ―ル公園を抜け
パリの朝をお散歩
Port Royal からメトロ
に乗ったようですね



相変わらず 何も考えていなかったらしく
曖昧な記憶をレシートで確認しました

youka の案内に任せてサヴォア邸に参ります



空中に浮かぶボックス


ル・コルビジュエによる
サヴォア家の週末用別荘
1028~1031
次回はこちらをご案内致しますね

2018年1月15日月曜日

冷たい風の日でしたが


シュンノスケカラナラGUモ逸品カモネ
久しぶりにOFFなこの日
実は
お誕生日だったのでした
なので
LINE メッセージ メール お電話
緩く幸せなやり取りをしてると

ナカハGUジャナカッタネ




朝夕にプレゼントが届くという
なんとも嬉しい一日でした
!(^^)!
皆さま 本当にありがとうございます

ボクモダウンガホシ-ヨ


マーティとの散歩を楽しみつつ
健康維持を心掛けよう!
そんな思いを受けとめました

オシャレなウエアが充実
これからの自分を意識して
今を大事に過ごしたいと思います





どれも暖かくて快適素材
先ずはベストを着てパン屋さんへ
パーカーとスヌードでお散歩へ



お夕食の準備をしようと
冷蔵庫を開けると
我が家には珍しく飲み残しのワイン
Oppenheimer Krotenbrunnen
神様からの Birthday Gift ? 
ご機嫌に一杯




お夕食はちょっとスペシャル
Furst von metternich
Cuvee Riesling Sekt Trocken
重ねた歳を(-.-)?認めたくはないけど
今日までの喜びをありがとう
明日からもいい毎日を過ごしましょう



糸さんが銀座から運んでくれたのは
Qu'il fait bon
何とも可愛いタルト
!(^^)!

幸せ色の○歳初日のこと

2018年1月11日木曜日

美(味)しい一年の始まり


晴れ晴れといいお正月でした

オバアチャマの物置周り
少し片付けもしてみました
この家の日々 年月
様々に思いつつの作業です



さて、心は残りますが
そろそろ小田原に向かいましょう

渋滞を予測してターンパイク
美しい夕焼けに出会いました



車を停めて撮影する二人
車内からはこんな景色

マーティは寝入っていて
何にも気付かない様でした



下り方向には大きな月
素敵なドライブ

お夕食は何にしましょうか?
連日のパーティですから



youkaがノンビリと滞在したり
糸さんはお出掛けしたり
それぞれのお休みを過ごしました

マーティはオトーフでスヤスヤ



オウチガイチバン
ココガダイスキナンデス






七草粥のこの日の夕方
 熊本へ向かうパパさんでした



マーティといつものお散歩
きれいな飛行機雲
フライトの時刻だ!なんて
空を見上げました



・・・ら
「まだ離陸していません」
LINEが入りました
(-.-)?

年末と元旦以外の瓶たち



随分とワインを楽しみましたね
youkaのお持込オーガニックワイン
どれも主張があって美味しかった

パパさんのセレクトもいい感じだったね
家のストックも豊富だったでしょ





今年も楽しく過ごしまょう!

ハイ